旧ブランドleatheriaについて


東京「墨田」の革屋さん、有限会社ティグレがお届けする
革製品のブランド 「TOKYO LEATHER FACTORY」
その前身ブランドとして活動していたのが、
leatheriaというブランドです。


様々な皮革素材を知るタンナーだからこその豊富な知識で、
商品の革から企画し、
革の魅力あふれる商品をお届けしていました。

 

 



革製品を丸ごと染める「製品染め」


 



特に人気を集めていたのは、製品染めと呼ばれる製法で作られたバッグたち。
製品染めは、色をつけていないプレーンな状態のヌメ革でバッグを作ってから、
最後に丸ごと染め上げる方法です。





左が染める前のバッグ、右が染め上がったバッグです。







太鼓と呼ばれる機械の中に染料と共に入れ、
回転させて染め上げます。

 



革屋さんだからこそできるこの製品染めは、
独特な風合いや色むらでアンティーク感が引き出せるのが特徴。
全ての箇所に染料が入り込み、ステッチや裏地は染まり、
ファスナーや真鍮金具には何年も使い込んだような風合いが引き出されます。







染めたら熟練職人によってオリジナルのオイルで磨き、
しなやかさを持たせるために手もみなどの加工が施されます。

そんな手間をかけて作られたアイテムは、
使い込むことで経年変化し、艶や色に深みが出て個性的に育って行きます。





今とはちょっと違うアイテムが揃う「洗えるレザー」

 

 

 



TOKYO LEATHER FACTORYでは定番の洗える革のバッグは、
leatheriaから受け継がれたもの。
生活に寄り添う洗える革は根強い人気があり、
ご要望や使い勝手に応じて、アイテムやデザインをアップデートし、
現在に受け継いで製作を続けています。







革屋さんだからこそできる
個性が光る1点もの「レザーマーケット」


 

 


一般的にお店に並んでいる革製品は、きれいに均一に色が施されたものや、
味わいがあると言ってもある程度整えられた革で作られたものが多いと思います。

「レザーマーケット」では、革屋さんだからこそ提供できる
牛革からバッファローの革、ダメージのかかったもの、
特殊なプリントを施した皮革の端革などを使用した、
唯一無二の個性を楽しむお財布を1点ものとして販売していました。



 





個性たっぷりの革製品を販売していたleatheriaの魅力は、
少しでも伝わりましたでしょうか?

TOKYTO LEATHER FACTORY 公式 WEB SHOPでは
leatheria商品のアーカイブも限定商品として順次販売予定です。

新たな革の魅力に出会える商品たちの登場をぜひ、お待ちくださいね!